ITで便利に

【iPhone】写真や動画をパソコンなしでNASに保存する方法(ES File Explorer)

パソコンを持っていないのですが、iPhoneのデータをどうやってNASに移せばよいでしょうか?

今回の記事では、このような悩みを解決していきます。

ファイル検索アプリで解決です。

あなたはiPhoneのデータのバックアップを取っていますか?

急なデータ破損に備えて、どんな形であれ、バックアップを取っておくべきです。

私がおすすめするのはNAS。

あわせて読みたい

NASはパソコンからでないとアクセスできないイメージがあります。

私も初めはそう思っていましたが、実はiPhoneからでもアクセス可能です。

さらに、パソコンがなくてもiPhoneから直接NASにデータを保存することもできます。

ということで今回は、

記事の内容

  • iPhoneからNASにアクセスする方法
  • iPhoneからNASに直接データを保存する方法

をご紹介したいと思います。

それでは早速記事の中身に入っていきましょう。

ES File Explorerを利用する

iPhoneからNASにアクセスし、データ保存するためには、ファイル検索アプリ「ES File Explorer」を利用します。

Download on the App Store

iPhoneからNASにアクセスする

(1)まずES File Explorerを起動し、下部の「サービス」を選択します(画像左側参照)。

(2)「サービス」の画面が開いたら、下までスクロールしてお持ちのNASを選択します。

「アカウント(ユーザID)」と「パスワード」の入力画面が表示されます。

(3)NASにログインするための「アカウント(ユーザID)」と「パスワード」を入力する。

NASを設定するときに作ったアカウントの情報を入力してください。

こだわり無ければ、adminやadministratorなどの初期設定のアカウントを使うとよいです。

あわせて読みたい

これでNASにアクセスできました。

iPhoneから直接、NASにデータを保存する

次にiPhoneからNASにデータを保存してみます。

今回は、当サイトトップページのスクリーンショットをNASに保存します。

(1)まずサイトのスクリーンショットを取得し、写真アプリを開きます。

すると取得したスクリーンショットの左下に四角と上矢印が重なったマークが表示されます(画像右側参照)。

マークが表示されていない方は、画面を一度タップしてみてください。

隠れているだけの場合があります。

(2)次に、下からメニューバーが表示されるので、画像左側の赤枠で囲っているアプリの選択バーを左にスクロールしてください。

すると「ES File Explorer」のアイコンが出てくるので、タップします。

(3)「マイ ディレクトリ」が表示されるので、下部の「インポート」をタップしてください。

「マイ ファイル」というES File Explorerの初期画面にデータが保存されます(画像右側参照)。

この時点ではまだNASにはコピーできていません。

(4)保存されたデータの右側の「…」をタップします(画像左側参照)。

下からメニューバーが表示されるので、「移動」を選択します(画像右側参照)。

(5)フォルダ選択画面になるので、下部のNAS「(お持ちのNAS名)」を選択します(画像左側参照)。

今私のNASの場合、「LS510D127」と表示されています。

あとはNASの任意のフォルダを選択して下部の「移動」をタップします(画像右側参照)。

今回の例ではNASの「Public」というフォルダに保存しました。

(6)実際にあなたが保存したNASのフォルダ(今回の例では「Public」)にアクセスして、データが保存されていることを確認します。

保存されていますね。

これでNASにデータを保存できました。

これを定期的にやっておけば、いざiPhoneが壊れてしまっても焦る心配はありません。

バックアップ作業が面倒な方向けの商品

この作業を定期的にやるのは結構面倒です。

そんな方に向けの商品を2つご紹介します。

Synology photosで写真を取るたびに自動バックアップ

Synology社のNASを利用すれば、Synology Photosという写真と動画の自動バックアップができるアプリ「Synology Photos」を利用できます。

Synology社のNASは、ハードディスクを別で買う必要があるので、玄人向けのNASです。

このためITに弱い方にはあまりおすすめはしませんが、リテラシーがある方にとっては、便利な商品です。

Synology Photosでは、初期設定を済ませると、写真や動画を撮影するたびに自動でそのデータをバックアップしてくれる機能があります。

しかもバックアップのときに、撮影月でフォルダ分け(自動)することができるので便利さも格段に上がります。

唯一の欠点はハードディスクが別売りなこと。

もし挑戦されたいという方は、次のような対応するハードディスクを購入されると良いです。

難易度は高いですが、チャレンジするとより便利に写真のバックアップが取れますよ。

Qubii Duoで充電するたびに自動バックアップ

次におすすめするのが、「Qubii Duo」です。

Qubii Duoは、iPhoneを充電ケーブルに挿すだけで、microSDカード(別売)に自動的に写真を保存してくれます。

iPhoneの充電器と充電ケーブルの間にQubii Duoを噛ませて充電するだけなので、超簡単!

microSDカードに保存されたデータは定期的にNASに移せば、NASの利便性を確保しながら簡単にバックアップできるので、おすすめです。

microSDカードは256GBぐらいあると良いです。

おわりに

今回は、iPhoneから「ES File Explorer」を使って、NASへ直接データを保存する方法をご紹介しました。

最近ではパソコンをもっていな方も多いので、iPhoneから直接NASにデータを保存できると、より便利にNASを利用できますね。

知識のある方はSylonogy Photosを利用すると、もっと楽にNASにデータを保存できます。

この分野が苦手な方でも、Qubii Duoを利用するとさらに楽にデータを保存できます。

パソコンを持っていないからNASをあきらめているようでしたら、この記事を参考に、まずはNASを買ってみてはどうでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 生活術・ライフハックへ
  • この記事を書いた人

NORI

IT企業に勤めている営業職
営業職だけど応用情報技術者
★資産1000万円を達成★
子育て世代のお得情報を提供
#子育て世代#ライフハック
インスタグラムは停止中です

-ITで便利に